オンライン英会話・あるあるトラブル

オンライン英会話でのトラブル回避のコツ

こちらのページでは、オンライン英会話でよく起きているトラブルの事例を挙げ、そのようなトラブルに遭わないための注意点をご紹介していきます。

トラブル事例と回避のコツ

  1. レッスン時間に遅刻
    気づいたらレッスン時間が過ぎていた場合、とにかくスカイプを立ち上げてコールしてみましょう。講師はまだ、パソコンの前で待っている可能性もあります。きちんと謝罪し、残り時間をレッスンしてもらえるようならしましょう。
  2. スカイプが繋がらない
    途中でスカイプが切れる、講師の声が聞こえない、カメラの調子が悪いなど、スカイプの不具合が原因のトラブルはよく起こります。そのようなときは講師に伝え、スカイプの接続を一度切り、再接続を試みましょう。
  3. レッスンキャンセル
    急な予定でレッスンを受けられなくなった場合、予約変更かキャンセルをしましょう。キャンセルをしないと講師がパソコン前で待ちぼうけになり、レッスンの枠も無駄になります。
  4. 講師による詐欺被害
    講師が生徒へ個人的に連絡をし、金品を要求してくることがあります。
    例えば、
    ・スクールを仲介せずに、直接レッスンを受けないか?
    ・スカイプではなく、カフェなどで対面レッスンを行わないか?
    などで、レッスン費用が安くなるなどの生徒のメリットを持ち出し、甘い言葉で生誘ってきます。全てが詐欺とは言い切れませんが、個別で費用を払ったとたんに講師がいなくなったり、親しい関係になってレッスン以外の費用を提示したりという事例も報告されています。
    ほとんどのスクールで、講師・生徒間で個人的に連絡を取り合うことを禁止していますので、そのような誘いが講師からあっても、きちんと断り応じないようにしましょう。
  5. 退会後の費用請求
    退会手続きをしたにもかかわらず、翌月に月額費が引き落とされているケースがあります。生徒側の手続き不備が原因の場合がほとんどですが、スクール側の処理上の問題もありますので、請求や引き落としに気が付いたらすぐに連絡しましょう。
  6. オンライン英会話スクールの倒産
    突然サイトにアクセスできなくなっていた、スクールのホームページをみたら閉鎖のお知らせがでていた、など、スクールが突然倒産した、閉校された、というトラブルも過去には起きていました。このような場合、きちんとしたスクールなら事前告知のうえ、レッスンの残金は返金してくれるものですが、返金の余裕もないスクールは連絡なく消えてしまいます。スクールの信頼性はオンライン英会話の場合、なかなかつかみにくいものですが、実績のあるスクールや事務局の対応がしっかりしているところを選ぶようにしましょう。

オンライン英会話の場合、オンラインで提供されるサービスだからこそ、トラブルが起きやすいというデメリットがあります。万一のトラブルの際にもきちんとした措置を取れる、真摯な対応が期待できるオンライン英会話を選ぶことが、安心して英会話を学ぶことの近道になりそうです。

月にかかる費用を調べました 最安プランはココだ!